文字・言語

2015年3月24日 (火)

助詞「は・が」 よくわからない例

近頃(主に英語を読む習慣を持つ目的で)日本語学習の掲示板を覗いたりしているが、「は・が」問題に関してよくわからない例に出くわした。

 

1.俺の妹が可愛いわけがない

 

これは判断文であるが、一見して主題があるようには見えない。それでは焦点の文か

というと、「可愛いわけがないのは俺の妹だ」という形に変形しにくい。
判断分は主題文であるという日本語文法のドグマから問題視されたようだ。
しかしやはり焦点の文だろう。というのも、1は「よりによって俺の妹が…」つまり

"My sister is the last person who is adorable" という意味だからだ。
では、何がこの文の主題なのだろうか。考えてみると、この表現を使う時というのは

その妹が可愛いかどうかという疑問が提示されている時だ。これは、その疑問に対す

る答えだと考えられる。しかし一方、「お前の妹はかわいくない」という発言を受け

て追認する場合もあるが、これはどうだろうか。この場合も同じように考えられるか

もしれないが、なかなかわかりにくい。

 

2.1.たくさんの家は白い*
  2.たくさんの家が白い
  3.たくさんの家は持てない
  4.たくさんの富は身を滅ぼす

 

1は英語の"many"と「たくさん」が同じものであるという誤解から出た例だが,これ

は(「何かがたくさんある家は」という意味でなければ)意味不明である。これに対

して2はぎこちなく見えるが、例えばギリシャのサントリーニ島をはじめて見た場面

を考えれば可能。また、3の対比の「は」との組み合わせでは自然な文になる。
では「たくさんの」は総記文の主語に使えないのかというと、4は、ぎこちないもの

の、わからなくはない。もっとも、「こんなに」などの限定詞があれば自然に聞こえ

るのだから、やはり総記であることに問題があるのだろう。
4の「たくさんの富」とはある一人の人の多額の資産という意味であるが、これを多

くの人の少額の資産がそれぞれの持ち主を不幸にする例が頻発するという意味に捉え

ることはできない。それが2が意味不明な理由だろう。

これは「は・が」問題そのものというより「たくさん」の性質によるところが大きい

のだろうが、なかなか説明するのが難しい問題だ。

2014年7月 7日 (月)

QGUYJV

ラテン文字入力用の配列を作ってみた。

Qguyjv_4

※ W I の運指は 人さし指-中指

 

その名も読んで字の如く ズバリ QGUY配列

英語における連なる二文字の出現頻度のデータを基に最適化させたものだ。(部分的に恣意込み) ラテン文字を用いる他の言語でも、感じ良く打てると思う、多分。

ただ、ポーランド語も打つならこの方が良いかもしれない。

Qguy_polski_3

 

DvorakJ用の設定ファイルを用意した。 「qguy_for_dvorakj.lzh」をダウンロード

(ちょっと試してみたい方にもおすすめできる)

スタッツ

各指配分率

 7.9%   10.3%   15.2%   13.9%          20.0%   13.8%   10.0%   8.4%

  (左:右= 47.5 : 52.4)

作業時間比

 対Qwerty 0.7663
 対Dvorak 0.9425

2014年3月15日 (土)

MiLOQ改訂稿

新しい配列をここ何ヶ月か試してみて従前のものよりも良いという感触を得たので、公開する。

【オープン】
でなたるはーれしうっ」
と◯◯かてきい◯◯ん。
「ゅょにがくの、・!

【中指シフト】
ゆよすねげ_ぇけまぬ
どさこもそごをだつゃ
ぼぉぞほぜぶぐぢ

【薬指シフト】
べあらぃへ_ぴせやづ
わふおめろずじちえむ
_ゎぁざぺぎひヴ

【同手連打】
DFば SFぱ SDぽ DS← DAぷ
KJり LJみ LKぅ KL→ K;び

なぜ新しいものを試そうかと思ったかというと、自分自身の打鍵が少し器用になってきたのでもう少し打鍵数の少ない配列もいいかなと思うようになったことがある。

すでに得られたデータを基にした探索では数字的には悪化するのだが、あえて左手小指下段に記号を当てて(この点は恣意)、頻度の高いかなを無シフト面に割り当てる条件で再探索した。

左手小指下段は数字的には好位置だが、頻度が高くなると手を痛めるという問題があった。また、実際に打ってみて数字通りに速いとは思わなかった。

 

最初に公開したページからローマ字定義表などダウンロードできます。

スタッツ

左小:5.9%  左薬:9.8%   左中:14.4%   左人:15.1%

右人:16.3%   右中:18.4%   右薬:12.9%   右小:6.8%

左 : 右 = 45.4% : 54.5%

2013年10月23日 (水)

「っな」とか

月見草配列というかな配列を見つけた。ここで「通常あり得ない組み合わせに別のかなを当てる」という考えを示していらっしゃるが、興味深い。
そこで、「っな」・「っに」・「っの」・「っょ」にそれぞれ「ふぁ」・「ふぃ」・「ふぉ」・「ふぇ」を当ててみることにした。(特殊かなはMiLOQの泣き所ではある)

具体的には、
pw → ふぁ
pv → ふぃ
pm → ふぉ
pc → ふぇ

という具合に。

ちょっと曲芸的な趣に過ぎるし入力中の字面も悪くなるので人にすすめる気はしない。

2013年10月19日 (土)

探索プログラム

配列探索に用いたプログラムを載せておく。需要はないだろうけど。
「mlq.lzh」をダウンロード

 

なんか色々解説でもしようかと一瞬思ったけど自分でもよく覚えてない。

2013年10月16日 (水)

実際に使うには

実際にMiLOQを導入するにはどうするか、Google日本語入力を利用する方法を説明する。

Google日本語入力本体の導入はこちらから↓
http://www.google.co.jp/ime/

B1

インストールしたらタスクバーのIME(インプットメソッドエディタ)のアイコンを右クリック

B2

設定」をクリック。(→「テキストサービスと入力言語」へ)

 

※タスクバーにアイコンがない場合

C00

「スタートメニュー」アイコンをクリック。

「コントロールパネル」をクリック。

C1

「時計、言語、地域」の「キーボードまたは入力方法の変更」をクリック。

C2

「キーボードの変更」をクリック。

 

(テキストサービスと入力言語)

B3

Google日本語入力」をクリック。

プロパティ」をクリック。

B4

ローマ字テーブルの「編集」をクリック。

B5

編集」をクリック。

インポート」をクリック。

B6

OK」をクリック。

B7

読み込ませるべきローマ字定義表を指定して「開く」をクリック。

以上。

 

※Google日本語入力が重い場合はMS-IMEを削除するといいらしい。

タスクバーからアイコンが消えてしまった場合はGoogle日本語入力をインストールしなおせば良い。

2013年10月12日 (土)

929版を載せておく。


表面

はなたるで 「ーしう っ 」/
□□てき□□ん。
だ ゅょ にどくの 、 ・ !

中指シフト
ほすこげぼ
ぇけまず↑
わよもそごさつゃ↓
←→ぞろゆみぐぢ〃□

薬指シフト
べあらへぜ□ぴせちづ

ふめおねぷえひむ』
ぬ※ぺざぁ ぎぶヴ;□

同手シフト
DFば SFぱ SDぉ DSゎ DAぽ
KJり LJれ LKぃ KLぅ K;び

 

 

2013年10月10日 (木)

とりあえず1007版を使ってみている。
こちらのほうが打鍵数が増えることはたしかだが別に悪い感触はない。

体感的に「軽さ」を感じられる物が良い配列なのではないかという気がする。

2013年10月 9日 (水)

違和感の正体?

公開間際になってかすかに感じた違和感というのが少しずつわかってきた感じがする。
929版は点数的には1007版よりわずかに良い。(誤差程度) ただ、929版だと「する」と「ある」の運指がともに「wr」を含んでいて負荷が集中する可能性がある。(つまりつかれるということ)
正直これは盲点だった。というのも、自分が組んだプログラムは優劣を決めるのに単に二連続文字列の打鍵時間を計るだけだからだ。
しかし、特定運指の頻出に対する優位性の低減(疲労で時間がかかるということ)まで表現するというのは素人には酷なわけで…

2013年10月 8日 (火)

右手はいい感じだが

右手については変える余地はないという感触がある。

今のところやはり929版が最有力だが、これの特徴をどう見るべきか…

その他のカテゴリー